自営業・フリーランスのみなさん!仕事はやめても人生は現役です。あなたの老後に安心をプラス

Web加入申出はこちらから

資料請求はこちらから

フリーダイヤル

ローゴ

ヨイクニ

0120-65-4192

国民年金基金は
自営業・フリーランスのみなさんに

安心をプラスします!

安心をプラスするとは・・・

国民年金基金は
老後の暮らしに備えられます!

老後生活費に対する毎月の年金収入

65歳の夫婦の老後の生活費予測
(国民年金世帯)

arrow-down

プラスを実現する
3つのメリット

終身年金だから、一生涯受け取ることができる!
プラン設計が自由で、余裕があれば掛金の増額、支払いが大変な時は減額できる!
年金額が決まっているので、掛金額も一定!

メリット1

国民年金基金は、「終身年金」が基本!
国民年金に加えてもらえるから老後が安心!

国民年金基金は、どんなに長生きしてもずっと年金を受け取れる「終身年金」が基本。

個人事業主やフリーランスの方でも年金の“2階部分”を作ることができます。

加入時から将来受け取れる年金額がわかるので、
早いうちから将来に備えて、充実した老後を過ごしましょう。

万が一早期に亡くなったとき、家族に遺族一時金が支給されますので、掛け捨てになりません。(B型を除く)

メリット2

プラン設計が自由、
だから自分の状況に合わせて掛け金を調整できる!

国民年金基金はライフプランに合わせて年金額や受取期間を設計できます。
加入後もプラン変更が可能で、途中で資格の喪失をしても掛け捨てになりません。

また、掛金を年度分前納すると割引があります。

メリット3

年金額が決まっているので、
掛金額も一定!

国民年金基金は途中で口数を変更しない場合、加入時の掛金額が支払期間終了まで変わりません。
将来受け取る年金額も確定しているため、年金がもらえなくなる不安もありません。

掛金月額と基本受給額を以下の表より確認することができます。

※一部抜粋

掛金額月額表を見てみる

私が基金に加入した理由

60代 男性の場合

60歳過ぎても年金が増やせると知って
急いで加入しました。

続きを読む

国民年金に任意加入すると、国民年金基金にも加入できることを知りました。この年齢でも将来の受け取る年金が増やせるとは思わなかったので急いで加入しました。

加入年齢(60歳0ヶ月)

1口目

A

2口目以降

A1

I1

掛金額 :37,880円/月

受取金額:10,000円/月(65歳~80歳まで)
7,500円/月(80歳~一生涯)

閉じる

50代 女性の場合

私も加入できるなんて知りませんでした。
もっと早く知っていれば・・!

続きを読む

夫が元々、国民年金基金に加入していました。私も国民年金基金の加入対象であることを知り、商売も軌道に乗り少し余裕も出てきたので私も加入しました。

加入年齢(50歳0ヶ月)

1口目

B

2口目以降

B1

I1

掛金額 :36,945円/月

受取金額:20,000円/月(65歳~80歳まで)
15,000円/月(80歳~一生涯)

閉じる

40代 男性の場合

将来のことを考え、夫婦二人で加入しました。

続きを読む

徐々に生活にゆとりが生まれたので将来のことも考え、夫婦二人で国民年金基金に加入しました。国民年金基金の掛金は社会保険料なので、妻の掛金も私の所得から全額所得控除になるのが嬉しいです。

加入年齢(45歳0ヶ月)夫

1口目

A

2口目以降

A1

掛金額 :23,240円/月

受取金額:20,000円/月(65歳~一生涯)

加入年齢(40歳0ヶ月)妻

1口目

B

2口目以降

B1

掛金額 :18,760円/月

受取金額:20,000円/月(65歳~一生涯)

閉じる

30代 男性の場合

加入後でもプラン変更できるので
1口目だけ加入しました。

続きを読む

今の生活のことも不安でしたが将来のことも不安だったので、今のうちに1口目だけ加入しました。国民年金基金の場合、プランをいつでも変更できるので安心して加入することができました。生活に余裕が出てきたら掛金の増額も検討しています。

加入年齢(33歳0ヶ月)

1口目

A

掛金額 :11,720円/月

受取金額:20,000円/月(65歳~一生涯)

閉じる

20代 女性の場合

親から紹介され、
掛金の安い今のうちに加入しました。

続きを読む

国民年金基金に加入していた両親に「老後は誰にでもやってくるから、掛金の安い若い時から加入したほうがいい」と勧められたので加入しました。現在は積み立て感覚で加入しています。

加入年齢(25歳0ヶ月)

1口目

A

2口目以降

A1

掛金額 :14,790円/月

受取金額:30,000円/月(65歳~一生涯)

閉じる

わたしの場合は?

あなたが加入した際の年金受給額
と掛け金を
シミュレーション
してみましょう!

年金額シミュレーションをしてみる

年金額シミュレーション

ここではお客様ご自身が受け取れる年金額と実際に支払う掛金を
詳細にシミュレーションすることができます。

性別必須
生年月日必須
申出予定日を入力ください。
1口目必須

A型、B型のどちらかを選択してください。

1口目については、必ずA型又はB型にご加入いただくことになります。

2口目以降

任意での入力となります。ご自由に入力ください。

I型〜V型の違い

  • A型

  • B型

  • I型

  • II型

  • III型

  • IV型

  • V型

全体年金額の半分は終身年金(A型・B型)になるよう選択してください。

A型・B型≧Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型・Ⅳ型・Ⅴ型

課税所得額

万円

年金額シミュレーションを閉じる

さらに!

国民年金基金は
税制優遇がされます!

国民年金基金の掛金は全額社会保険料控除の対象となり、確定申告により税金が軽減されます。
また、受け取る年金も公的年金等控除の対象となります。

※遺族一時金は全額非課税です

減税額シミュレーションをしてみる

あなたが加入した際の減税額を
シミュレーション
してみましょう!

  • 掛金月額

  • ×12ヶ月×

  • 税率

減税額を確認する

=

軽減額(概算)

※上記概算金額は所得税を復興特別所得税を含めた税率、また住民税を10%として計算しています。
軽減額は試算時点の税制に基づく金額です。
減税額シミュレーションを閉じる

よくあるご質問

Q1

国民年金基金には誰でも加入できますか?

答えを見る

国民年金基金に加入できるのは、以下の方です。
・20歳以上60歳未満の国民年金の第1号被保険者(自営業者やフリーランスなど)の方
・60歳以上65歳未満の国民年金に任意加入されている方
・海外に居住されている国民年金に任意加入されている方
※国民年金保険料を納めている方

厚生年金保険や共済組合等に加入している会社員や公務員(国民年金の第2号被保険者)、その配偶者等の方(国民年金の第3号被保険者)は加入できません。

閉じる

Q2

途中で掛金が払えなくなってしまった場合どうしたら良いですか?

答えを見る

*減口しても掛金の支払いが難しい場合は、払い込みの一時中断が可能です。その場合、将来の年金額は未納期間に応じて減額されます。
なお、国民年金基金の払い込みを中断している間に、国民年金の付加保険料を納付することはできません。

*掛けている口数を減らすことで掛け金負担を減らすことができます

閉じる

Q3

途中で加入資格がなくなって脱退しても、年金はもらえますか?

答えを見る

加入期間の長さを問わず、納めた掛金については、将来、年金として給付されます。
加入期間が15年未満の場合は、加入していた基金に代わって国民年金基金連合会が給付を行います。(60歳以上で加入した場合や海外居住時に加入した場合を除きます)
また、加入15年未満でも60歳まで加入員であった方は基金から給付を行います。

閉じる

Q4

掛金は、どのような方法で納めるのですか?

答えを見る

金融機関からの口座振替となります。国民年金本体の保険料と合わせて口座振替にすることもできますので、ご希望の方は国民年金基金までお問い合わせください。

閉じる

Q5

どこで加入や相談することができますか?

答えを見る

・お電話の場合:
最寄りの支部 0120-65-4192
日本医師・従業員支部 0120-700-650
土地家屋調査士支部 03-6804-1128

・ご来訪の場合:お問い合わせ先

・金融機関でご相談の場合:
国民年金基金の取扱いができる*金融機関等(銀行・信用金庫・信用組合・生命保険会社・農協・漁協)にてご相談ください。
*上記以外にも信託銀行の代理店となっている金融機関もございます。詳しくは全国国民年金基金までお問い合わせ下さい。
その他金融機関以外ではほけんの窓口グループ株式会社が厚生労働大臣の指定法人認可を受け、令和2年9月1日に加入勧奨業務の取扱いを開始しました。

閉じる

お問い合わせはこちら

お電話の場合

最寄りの地域支部

日本医師・従業員支部

土地家屋調査士支部

ご来訪の場合

金融機関でご相談の場合

国民年金基金の取扱いができる*金融機関等(銀行・信用金庫・信用組合・生命保険会社・農協・漁協)にてご相談ください。

*上記以外にも信託銀行の代理店となっている金融機関もございます。詳しくは全国国民年金基金までお問い合わせ下さい。

その他金融機関以外ではほけんの窓口グループ株式会社が厚生労働大臣の指定法人認可を受け、令和2年9月1日に加入勧奨業務の取扱いを開始しました。

国民年金基金に関して、もっと詳しく
知りたい方はこちら

全国国民年金基金
ホームページへ

PAGE TOP