全国国民年金基金

2020年5月1日

新型コロナウイルス感染症により影響を受けられた加入員の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症で影響を受けられた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための政府の緊急事態宣言を受け、営業自粛等の影響により収入が減少し、国民年金基金の掛金納付が困難になっている加入員の皆さまへ、以下の点についてご案内いたします。

 

【国民年金基金の掛金停止について】

新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金基金の掛金納付が困難な場合、掛金の引落しを一時的に中断することが可能です。詳しくは、お近くの全国国民年金基金支部へお問い合わせください。

国民年金基金の掛金停止中につきましても、国民年金の保険料は納付する必要がありますのでご注意ください。

 

【再加入等の取扱いについて】

新型コロナウイルス感染症の影響により、国民年金保険料について、日本年金機構年金事務所長から「保険料納付の免除」が承認された場合、国民年金基金の加入資格がなくなるため届出が必要です。なお、その後、国民年金保険料の免除が終了した月の翌月の1日から1年以内に、国民年金基金へ再加入の申出を行った場合は、従前の掛金で再加入できる特例が設けられておりますので、お近くの全国国民年金基金支部へご相談ください。

また、免除期間分の国民年金保険料を追納した場合、国民年金基金掛金の上限を引き上げる特例が適用される場合もありますので、お近くの全国国民年金基金支部へご相談ください。

PAGE TOP